背任・横領調査の調査内容とは

探偵社や興信所が依頼を受ける『背任・横領調査』は多岐にわたります。総じて会社を不正から守るということが目的になる訳ですが、不正で不透明は金銭の授受、商品の横流し、集団引き抜き、職務規定違反であるアルバイトや副業を行うこと・・・例を挙げればきりがないのですが、そのような疑いが者にで浮上してくるのであれば探偵社や興信所に調査依頼すべきかと思います。

調査依頼を受けた探偵社や興信所はまず、依頼者と綿密な打ち合わせを行うのですが、この時点で得られる情報が調査内容や調査費用を左右するといってよいでしょう。探偵社や興信所側からすると調査対象の情報量が多ければピンポイントで効率の良い調査を行うことができます。そうすれば依頼者側の費用負担も軽くなる訳です。

調査依頼者との綿密な打ち合わせが終了しましたらあとは実際の調査に入るのですが、探偵社や興信所は『聞き込み、張り込み、尾行』を駆使して調査を行いますが、探偵社が持ち合わせている特殊機材で調査を行うこともあります。小型監視カメラ、ICレコーダーなどがその例です。不正である背任、横領の動かぬ証拠をつかみ取るために、可能な範囲で調査を行うのです。