ワキガはいつから!?

ワキガになるのはいくつくらいからなのかご存知ですか?
幼稚園や小学校低学年でワキガの生徒はまずいません。
体が成長して大人に近づいてくると、ワキガ体質の人の場合は徐々にワキガの原因になる汗を出す、アポクリン汗腺が発達してきてあの独特で強い臭いを発するようになります。
だいたい女児のほうが成長がはやく、初潮を迎える時期と重なりワキガの臭いもではじめます。
男児の場合も多少遅れてもほぼおなじ頃から症状が出始めます。
年齢的に言っても早い子でだいたい小学校3~4年から、遅い子でも中学生になるころにはわきが臭が出始めます。
ワキガはほとんど遺伝によって発症します。
脇の下や股間、乳首なとの毛穴がボコボコ膨らんでいる人はアポクリン線が発達しているのが特徴です。
また、耳垢が湿っている人もワキガの症状があるといわれています。
本来は異性にアピールするためのフェロモン的意味合いの強い臭いなのです。
しかし、現代の日本では菌や臭いに関しては異常なくらい敏感になっていて、なにか臭いがあるのが「悪」のような扱いです。
できればお子さんがワキガ臭が出始めるようになったら、事情を説明してデオドラントケアをしなければならい意味を理解させる努力が必要になると思います。
少なくとも自分ではどうしようもない遺伝によることが原因でそれを理解させることが大切になると思います。
ワキガをコンプレックスとしてとらえるよりどう対処していくのかを憶えて知ってほしいものです。
デオプラスラボがワキガに効果を発揮する5つの理由!

 

,,